レンタカーで行ける!川崎市のオススメスポット!

川崎市へ足を運ぶ際は、東京でレンタカーを借りていくことをオススメします。
格安レンタカーでハイエースをレンタルすれば、費用を抑えながら観光を楽しむことができます。
今回は、川崎市のオススメ観光スポットを紹介します。

藤子・F・不二雄ミュージアム

川崎の漫画家といえば藤子・F・不二雄とも言えるのではないでしょうか。

藤子・F・不二雄ミュージアムでは、大人も楽しむことができるので、老若男女問わず満足できるスポットです。
藤子・F・不二雄ワールドを堪能したい方はぜひ足を運んでみてください。

京浜伏見稲荷神社

第二次世界大戦からの復興を願って建てられたのが京浜伏見稲荷神社です。
稲荷神社はお稲荷さんが並んでいるイメージがありますが、京浜伏見稲荷神社もずらっと並んだお稲荷さんを見ることができます。

たくさん並んでいるお稲荷さんですが、それぞれ個性があるので、参拝した際にはどんなお稲荷さんがいるのか見てみるのも良いでしょう。

電車とバスの博物館

こちらの博物館は、電車のシミュレーション運転ができるので、子どもたちに人気があります。
入場料が100円なので手軽に館内を見学することができ、楽しい時間を過ごせること間違いなしのスポットです。

電車以外にも、バスや飛行機のシミュレーターもあるので、子ども連れの旅行で足を運んでもらいたい博物館です。
また、ものしりクイズや撮影会なども行われているので、普段何気なく利用している電車やバスなどの裏側を学ぶことができます。

川崎市立日本民家園

生田緑地内にある野外博物館です。
古民家や歌舞伎舞台、水車小屋など22軒が修繕され、建てられています。

その中でも4軒ある合掌造りの古民家は必見です。
他にも、園内の通路にあるお地蔵さんや馬頭観音道標などが置かれているので、昔の日本を彷彿させるような雰囲気を作り出しています。

おわりに

川崎市には、藤子・F・不二雄ミュージアムや京浜伏見稲荷神社などの有名な観光スポットが多くあります。
レンタカーを利用することでアクセスもしやすいので、川崎市へ足を運ぶ際は東京から格安レンタカーを利用することをオススメします。

特に家族旅行の際は、10人乗りのハイエースがオススメです。
公共交通機関を利用するより時間を有効に活用できるレンタカーの旅を楽しんでみませんか?

東京でハイエースを格安で手配するコツ

ハイエースを手に入れるための考え方

東京には格安レンタカー業者が多数ありますが、その大半がもともとメンテナンス費用も車両価格も低い車種になっています。格安レンタカーだからといって望み通りの車種が手に入らないというわけではありませんが、あまり流通していない車種もあります。ハイエースは新車や中古車としては人気がある車種ですが、レンタカーとしてはあまり流通している量が多くありません。

しかし、あまり流通していなくても確保している業者はあります。近年ではどの業界でも専門化が進められていますが、レンタカーについても同様の状況があるのは確かです。ワゴンやバン、トラックなどを専門に扱っている格安レンタカー業者を探すとハイエースも手に入れられます。

埼玉にある専門業者の活用

私が東京でハイエースを扱っている格安レンタカーを探したときに、最終的に行き着いたのは埼玉にある専門業者でした。トラックやバンを主に扱っている業者でレンタカー事業も行っていました。様々な種類のハイエースを扱っていたので、マイクロバス代わりに使いたいと考えていたコミューターも見つかったのですぐにレンタルを行い、目的を達成することができたのです。専門業者を探そうという考えが浮かぶまではほとんどハイエースは見つからず、ディーラーの運営しているレンタカー業者に連絡しようかと考えていました。

結果として格安でハイエースを借りることができましたが、都内の業者にこだわっていたら見つけられなかっただろうと思います。

現地までも遠くなかったハイエースのレンタル

埼玉というと東京に住んでいると遠く感じられがちですが、電車とバスで行ってもそれほど遠くはありませんでした。東京にいると格安レンタカーを探すときに都内に目を向けてしまいがちですが、交通網が発達しているので周辺県までならそれほど遠くはありません。ハイエースのようにあまり出回っていない車種を探すときには広い視野を持って探すのが重要でした。

都内でもいつも出回っていないわけではありません。私が探し始めたのも以前に見た記憶があったからでした。まずは都内の格安レンタカーの情報を確認した上で、専門業者を中心にして周辺県まで探すようにするともっとアクセスの良い場所でハイエースをレンタルすることができると考えています。